記事一覧

タグ・ホイヤー オータヴィア 60周年を祝うふたつのコンプリケーションモデル

フライバッククロノグラフとGMTは、オータヴィアにとって初の試みだ。

オータヴィアは、時計製造において最も重要なクロノグラフのひとつ。言わば、ひとつの時代だ。

タグ・ホイヤー(旧ホイヤー)の注目すべきみっつのクロノグラフ腕時計のなかで最も古く、1962年、28歳のジャック・ホイヤーがCEO就任1年目に、その手でデビューした時計。そう、このクロノグラフは、タグ・ホイヤーのカタログの先頭に立つと思われがちだが、何らかの理由で、21世紀になってから、オータヴィアは、重要度ではカレラやモナコの次に位置する時計とされてきた。

タグホイヤー カレラ コピー 時計 スポーツクロノグラフ 160周年 リミテッドエディション CBN2A1D.BA0643

Ref:CBN2A1D.BA0643
ケース径:44mm
ケース素材:ステンレススティール
防水性:100m
ストラップ:ステンレススティール
ムーブメント:自動巻き、Cal.ホイヤー02、約80時間パワーリザーブ

仕様:時・分・秒表示、クロノグラフ、ホワイトサーキュラーサテン仕上げのダイアル

オータヴィアが55歳を迎えた2017年、状況は徐々に有利に変化しているのではないかと思われた。2003年以来初めて、新たなオータヴィアが発売されたわけだ。これは、2016年に開催されたオンラインイベント「オータヴィア・カップ」で、世界中の時計愛好家の投票によって選ばれた、コレクターに人気の高いリファレンスのヴィンテージ復刻であった。

オータヴィアと命名されたその新しい時計は、すべてを兼ね備えているように見えた。タグ・ホイヤーにおいて新時代のクロノグラフムーブメントであるCal.ホイヤー02を初めて搭載したのである。

残念ながら、私には正確にはわからない理由で、2017年に登場したオータヴィアはこの世に存在しないものに。バーゼルワールド2019が開催される頃には、タグ・ホイヤーは完全に方向転換し、再びオータヴィアを発表したが、クロノグラフは完全に亡きものとされ、クラシカルなフィールドウォッチやパイロットウォッチのルックスをまとった、3針スポーツウォッチの新コレクションとして発表されたのだ。


【関連記事】:http://goshoping711.toyamaru.com/

セイコー 5スポーツ×堀米雄斗の限定腕時計

セイコー 5スポーツ(Seiko 5 Sports)より、スケートボーダーの堀米雄斗限定モデルの新作腕時計が登場。2021年10月15日(金)より、セイコードリームスクエアおよびセイコーブティックにて発売される。

スケートボーダー・堀米雄斗をフィーチャーした限定腕時計

世界最高峰のスケートボードコンペティションでの優勝、東京オリンピックでの金メダル獲得など、世界中を沸かせるスケートボーダー・堀米雄斗。今回はセイコー 5スポーツからそんな堀米をフィーチャーした限定ウォッチが登場する。

オールブラックケース×記念サイン入りシースルー裏蓋

ベースとなったのはセイコー 5スポーツの中でも人気の“ステルスブラック”と呼ばれるオールブラックモデル。黒で統一されたシックなフェイスがストリートファッションにマッチする一本だ。

今回の限定ウォッチでは、シースルーの裏蓋に堀米の記念サインをデザイン。また、デフォルトのステンレススチールバンドのほか、付替え可能なシリコンにカーフレザーを貼り合わせたストラップが付属する。

【関連記事】:推薦された回数が最も多かったプレゼント特集

シチズン新作腕時計

シチズン(CITIZEN)から、ベーシックなデザインが揃う「シチズンコレクション」の新作腕時計が登場。2021年10月下旬より発売される。
オメガ 偽物
漆の老舗と共同開発で仕上げた“世界に1つだけ”の文字盤

「シチズンコレクション」の新作は、銀箔と漆で仕上げた文字盤を備えた機械式時計だ。

最大の特徴である文字板は、1900年創業の漆の老舗「坂本乙造商店」との共同開発によるもの。金属板に漆を塗り、その上に銀箔をまぶすようにのせる。その上からさらに塗装するという手順をすべて手作業で行うことで、ひとつとして同じものは存在しない、独特な風合いに仕上げている。

繭のやわらかな白をイメージした「繭色」

文字板は2パターンを用意する。繭(まゆ)のやわらかな白をイメージした「繭色」は、白い塗装を重ねて表情豊かな白斑(しらふ)柄に。ミラー仕上げの針を合わせて、視認性を確保した。バンドには、きめ細かで美しいつやのあるコードバンを起用している。

紅葉した森林の薄暮から着想した「鈍緋色」

「鈍緋色」は、紅葉した森林の薄暮をイメージしている。漆を塗布した金属板に硫化させた銀箔を貼り、上からぼかし塗装を施した。硫化銀箔の彩が斑柄となって現れる、趣のある表情に仕上がっている。針には、ミラーとマットの仕上げを組み合わせたリーフ針を採用。型押しした、カーフレザーのバンドを組み合わせている。

日常使いに便利な機能も

日常使いに適した機能も備えており、文字板には日付表示をはじめ、パワーリザーブインジケーターや24時間計を完備している。さらに、裏蓋はシースルーバック仕様となっており、ローターやてんぷが正確に動く様子を目視できる

【関連記事】:kopi100のおしゃれプチブログ

アレットブランの腕時計

アレットブラン(ALETTE BLANC)は、人気の「ブリーズ(BRISE)」コレクションの新作腕時計を2021年10月22日(金)よりタイムズギア あべのキューズモール店、ミントタイム 岡山店、コロニー キャナルシティオーパ店、ルイコレクション沖縄あしびーな店ほかにて販売する。

“オーロラカラーに煌めく”文字盤の「ブリーズ」シリーズ

アレットブランの「ブリーズ」コレクションは、ブランドの代名詞ともいえる3色のパールを用いて“そよかぜ”をデザインした人気の腕時計。3つの色が流れるように繊細なカーブを描き、光の反射を受けてオーロラのようにきらきらと輝く。

新作はパステルカラーのレザーベルトを採用

新作では、腕元を華やかにしてくれる美しい文字盤はそのままに、パステルカラーのレザーベルトを採用。オーロラピンク、ペールライラック、クリスタルブルー、シフォンベージュといった4色の文字盤に、それぞれとリンクする優しい色味をあわせた。

ブレスレットがセットになる限定アイテムも

なお、ペールライラックとシフォンベージュのモデルに、エレガントなブレスレットがセットとなる限定品も展開する。

【関連記事】:スターたちがみんな好きなロレックスです

アイスウォッチ、くすみカラーの新作腕時計

アイスウォッチ(Ice-Watch)の新作腕時計「アイスグラムブラッシュド(ICE glam brushed)」が、2021年9月17日(金)に発売される。

アイスウォッチ、くすみカラーの新作腕時計「アイスグラムブラッシュド」

"ヒューマンメイド ジャケット 偽物
"

「アイスグラムブラッシュド」は、こっくり秋らしいくすみカラーをベースにした新作コレクション。秋のバラをイメージした「フォールローズ」、赤土から作る粘土を思わせる「クレー」、グレーを含んだ淡いパープルの「ラベンダー」、優しい風を感じさせる「ウィンド」、アーモンドの仁(じん)の色味をイメージした「アーモンドスキン」の全5色で展開される。

イエロー/ローズゴールドのステンレスパーツで洗練されたルックスに

そのカラーリングを最大限に活かすべく、インデックスや時分針、ベルトのバックルなどのパーツには、イエローゴールドもしくはローズゴールドのステンレスパーツを採用。また、視認性の高い立体的なインデックスに粗めに磨かれたようなブラッシュド加工を施すことで、特徴的な色味をより印象的なものにしている。

いずれのカラーもケース径は34mmのスモールサイズをセレクト。ケース&バンドはアイスウォッチお馴染みのシリコンラバー製で、10気圧の防水機能付きだ。

【関連記事】:kopi100のおしゃれプチブログ

ベーリングの腕時計「ウルトラスリム」新作

ベーリング(BERING)の腕時計シリーズ「ウルトラスリムシリーズ」より新作「ウルトラスリムリンク」が登場。2021年3月12日(金)より全国のベーリング取扱店にて発売される。

ベーリングの腕時計シリーズの中でも圧倒的な薄さを誇る「ウルトラスリムシリーズ」。着用時の煩わしさがないスリムなケースによる、抜群の着け心地が特徴だ。

今回はそんな「ウルトラスリムシリーズ」から、メタルバンドを採用したリンクモデルが登場。リンクモデルでは珍しい5.5mmの薄さのケースで、デイリーはもちろん、ビジネスシーンでも活躍してくれそうだ。

なお、カラーはネイビー、グレー、シルバー×ブラックの全3色で用意する。

【関連記事】:チェックすべきサマートレンド特集

タグ・ホイヤーの人気腕時計「アクアレーサー」刷新

タグ・ホイヤー(TAG Heuer)のアイコンウォッチ「アクアレーサー」から新コレクション「アクアレーサー プロフェッショナル300」が登場。2021年6月より発売予定だ。

タグ・ホイヤーを代表するモデルのひとつ「アクアレーサー」は、海中の世界にインスパイアされた、機能的でファッショナブルなダイバーズウォッチだ。そのデザインの中でも特徴的なのが、12面カットのベゼル。操作しやすいライダータブを備える逆回転防止型で、どんな過酷な状況でも高い精度と信頼性を発揮する。
ロレックス コピー
伝統と革新を備える「アクアレーサー プロフェッショナル300」

2021年の新作モデル「アクアレーサー プロフェッショナル300」は、ブランドが紡いできたダイバーズウォッチの伝統を尊重しながらデザインと素材を改良することで、これまでの「アクアレーサー」より一層、高機能で信頼できるウォッチとなった。デザインのベースとして、コレクターからも評価の高い、1978年に発売されたダイバーズウォッチ「ホイヤーRef. 844」を採用している。

12角形の逆回転防止ベゼルを刷新

特徴的な12角形の逆回転防止ベゼルには、傷のつきにくいセラミック製インサートを採用し、12のファセットそれぞれに溝を設けることで、どこを掴んでも回しやすい仕組みを実現した。同時にベゼル内部の形状も見直されたことで、より滑らかな動きでセットしやすくなっている。

【関連記事】:特別なスマホケースで毎日の生活に彩りを

シチズン シリーズエイト限定腕時計

シチズン(CITIZEN)の機械式時計ブランド「シチズン シリーズエイト(CITIZEN Series 8)」から限定腕時計が、2021年12月2日(木)より発売される。

「シチズン シリーズエイト」世界限定400本の腕時計

「シチズン シリーズエイト」は、あらゆるシーンに馴染む現代的で躍動感あるデザイン性と、耐磁性能など現代生活における実用性を兼ね備えたコレクションだ。今回、そんな「シチズン シリーズエイト」から、ゴールド×グリーンの組み合わせが印象的な限定ウオッチが登場する。

最大の特徴は、2体構造を採用したケース。ウォームゴールドをベースに、グレーのベゼルを組み合わせている。また、面ごとにヘアラインとミラーで磨き分け、各ディテールを際立たせた。

鮮やかなグリーンの文字板には、シンプルかつ力強いバーインデックスと針をコンビネーション。カーフバンドにもグリーンを採用し、統一感のあるビジュアルに仕上げている。

ムーブメントは、スマートフォン等の磁力に対する耐磁性能を高めた「第2種耐磁」を搭載する「Cal.0950」を採用。わずか4.1mmの厚さにより、スリムなケースフォルムを実現している。

【関連記事】:http://takashi.top/

カルティエの“鐘型”ウォッチ

カルティエ(Cartier)の「カルティエ プリヴェ」コレクションより新作腕時計「クロシュ ドゥ カルティエ」が登場。

伝統のタイムピースに焦点をあてる「カルティエ プリヴェ」コレクション

「カルティエ プリヴェ」コレクションは、メゾンの伝統のタイムピースに焦点を当てるウォッチコレクション。時計は個別番号入りの限定品として生産されるもので、時計愛好家たちからも注目を集める。
エルメス 偽物
1920年に誕生した「クロシュ」にフィーチャー

フランス語で“鐘”を意味するクロシュの名の通り、水平に置くと卓上ベルを思わせるフォルムを特徴とする「クロシュ」。その歴史は1920年にまで遡る。ダイヤモンドとオニキスのウォッチブローチとして初めて登場し、その翌年には同じ名でブレスレットウォッチも発表した。1920年から1970年までに発表された複数のモデルは、現在「カルティエ コレクション」に収蔵されている。

卓上に置けば“クロック”にもなる鐘型ウォッチ

誕生から約100年の時を超えて登場する今回の「クロシュ ドゥ カルティエ」は、これまでの「カルティエ プリヴェ」コレクションの中でも類を見ない、独創的なデザインとなっている。レイルウェイミニッツトラックとインデックスの数字は、ダイアルのアシンメトリーなフォルムに調和するように配置され、まるで鐘の持ち手のように配されたリューズは、サファイヤ、ルビーまたはダイヤモンドのカボションがセッティングされている。

通常のダイヤルの向きとは異なり、12時位置が従来の3時位置にあるのも特徴的だ。水平面を下にして卓上に置けば“クロック”としても機能する。

クラシックとスケルトンの2種類を展開

デザインは、クラシックとスケルトンの2種類を用意。クラシックな「クロシュ ドゥ カルティエ」はケースにピンクゴールド、イエローゴールド、プラチナを採用。サテン仕上げの背景、ポリッシュ仕上げのバネ棒や側面などオリジナルモデルを忠実に再現した。

一方、全面的にオープンワークを施したダイヤルのスケルトンモデルも3種を用意。精巧にカッティングされたローマ数字の下に眺めることができる“カルティエ マニュファクチュール 9626 MC ムーブメント”を搭載している。

【関連記事】:世界のセレブを魅了するスタイリッシュなバッグ

リアクレア“幸運の象徴”「ハワイの虹」

リアクレア(Lia kulea)は、“ハワイの虹”をイメージした新作腕時計「マノア(Manoa)」シリーズを2020年11月17日(火)よりル タロン 丸の内店、ヒロブ 渋谷ヒカリエ ShinQs店・名古屋パルコ店ほかで発売する。

“幸運の象徴”「虹」イメージのカラフルウォッチ

ハワイの美しい自然をイメージした、華やかな腕時計を展開するリアクレア。新作は、“幸運の象徴”としてハワイで愛される「虹」をイメージしたウォッチだ。

特徴的なのは、虹のようにカラフルなカラーバリエーション。ソフトな印象のペールピンクやハワイの海のように爽やかなブルー、こなれ感を演出してくれるキャメル、シックなブラックなど、さまざまなカラーのレザーバンドを用意した。

ワンタッチでベルト付け替えOK

ベルトは、ワンタッチで付け替え可能なので、コーディネートや気分に合わせて、さまざまなスタイリングを楽しむことができる。メタリックバンドにチェンジすれば、気軽にオフモードからオンモードへシフトすることも。

選べるフェイスサイズ

フェイスデザインは全4種。ユニセックスで楽しめる38mmをはじめ、アクセサリー感覚で楽しめる小ぶりな32mm、28mmも揃う。

メタリックカラーのバーインデックスとブランドロゴのみのシンプルなデザインなので、さまざまなシーンで活躍してくれそうだ。

“毎日のお守り”ウォッチとしても

なお、「マノア(Manoa)」という名前は、ハワイで“1番虹が見れる”スポットして知られる街に由来。“虹の街”“虹の渓谷”とも呼ばれるハッピーなエリアがインスピレーション源になっているので“毎日のお守りウォッチ”として着用するのもおすすめだ。

【関連記事】:http://cabochon.top/

エルメスのメンズ腕時計《エルメスH08》

エルメス(HERMÈS)から、機械式ムーブメントを搭載した新作メンズ腕時計《エルメスH08(エイチオーエイト)》が登場。

クッション型ケースのメンズ腕時計《エルメスH08》

エルメス 偽物
《エルメスH08》は、30年以上にわたってエルメスのメンズ部門を率いてきたアーティスティック・ディレクター、ヴェロニク・ニシャニアンによる“エルメスが提案するメンズの世界”を体現する腕時計。大胆さと繊細さ、マットと光沢といった相反する特性をもつ素材の組み合わせで、コントラストと調和を楽しむデザインを完成させた。

ケースは、面取りされたスクエア型で、まるで柔らかなクッションを彷彿とさせるシルエット。そこに円形の文字盤が組み込まれ、角と曲線が溶け合うかのようなデザインに仕上げられている。《エルメスH08》のために開発されたストラップが、洗練されつつもスポーティーさを印象づける。

鉱物を思わせる素材感を取り入れた3つのモデル
《エルメスH08》では、安らぎの時間にも、アクティブな時間にも寄り添う、素材・カラーの異なる3つのモデルを用意する。

超軽量かつ堅牢性なグラフェン複合素材を採用、フルブラックモデル

ひとつは、サテンとポリッシュ仕上げのセラミックベゼルに、グラフェン複合素材で覆ったケースをあわせた。グラフェンとは炭素由来の複合素材であり、航空機などにも使用されるほど超軽量かつ堅牢性に優れている。

ブラックゴールドの文字盤には、目盛表示、蛍光インデックス表示、時・分・秒を表す黒ニッケル針を中央に備えている。また、4時30分の位置には日付窓が配された。ストラップは黒ラバーストラップとの組み合わせとなる。

サテン仕上げのチタンを採用した2モデル

2つめは、耐摩耗性に優れる黒いマットな「ダイヤモンドライクカーボン(DLC)」加工を施したチタン、3つめは艶やかなサテン仕上げのチタンをケースに採用し、いずれも黒いニッケル加工を施した文字盤を合わせた。DLC加工モデルのストラップは黒とアントラシト色のバイカラーまたはブルーの布帛製か、黒またはオレンジのラバー製から選ぶことができる。

【関連記事】:ファッションコレクション

ウブロの新作腕時計 - ビビッドな“赤青緑黄”の4色

ウブロ(HUBLOT)より新作腕時計「MP-09 トゥールビヨン バイ-アクシス 5 デイズ パワーリザーブ 3Dカーボン」が登場。

ウブロ、ビビッドなカラーが映える新作腕時計

今回ウブロより登場する「MP-09 トゥールビヨン バイ-アクシス 5 デイズ パワーリザーブ 3Dカーボン」は、2軸のトゥールビヨンがユニークな腕時計「MP-09」コレクションの新作ウォッチ。

特徴的なのが、目が覚めるようなビビッドなカラーリング。ブルー、 レッド、 イエロー、 グリーンの4色でラインナップし、いずれも8本限定となるスペシャルな腕時計となっている。

内部構造が見える特殊なケースデザイン

また、時計の内部構造が見える特殊なケースデザインにも注目。傾斜のついた特別なケースからは、6時位置の2軸のトゥールビヨンを直接鑑賞することが出来る。なお、サファイアクリスタルを使用したケースバックからも内部を見ることが可能だ。

ケース素材には“3Dカーボン”を採用

ケース素材に“3Dカーボン”を採用している点もポイント。非常に軽量かつ、防水性と耐久性を兼ね備えた仕様となっている。

【関連記事】:青森県の最新ファッションブランド

リング感覚で着ける“指時計”ブランド「モコ」秋冬新作

指時計ブランド・モコ(moco)は、2021年秋冬コレクションの新作を発売。

指輪のように身に着ける指時計、秋冬新作

指輪のようにして身に着けることができる“指時計”を展開するモコから、2021年秋冬の新作が登場。


hacopy 届く?
シーズン毎に文字盤や針のデザインを変更して展開している「PAL-LEATHER」シリーズからは、見やすさを重視したデザインがラインナップする。文字盤のデザインやケース、ベルトはバリエーションを用意。好みのデザインを組み合わせてより愛着の湧くデザインにカスタムすることが可能だ。

ローマ数字を採用したモデルは白文字盤×ネイビーの針、黒文字盤×シルバー針を、アラビア数字を配した時計は白文字盤×ブラックの針、黒文字盤×ホワイト針のモデルが揃う。また、ケースの形は、ラウンド、スクエア、トノー、アシンメトリーの4種を用意。ベルトは、ブラック、ブラウン、グリーン、レッド、ベージュの全5色から選ぶことができる。

メタルタイプや宝石のような一点物デザインも

メタルタイプの「PAL-METAL」シリーズからは、定番色・ホワイトに加え、2021年秋冬限定カラーとして「マロン」が登場。こっくりと深みのある色彩が、メタルと調和する。アラビア数字と図形を織り交ぜた文字盤に、夜間に光る仕様の針を組み合わせた。ケースは、ラウンド、スクエアを展開する。

加えて、宝石を飾ったリングのようなデザインの「Polish」シリーズも継続して展開。石の色彩には個体差があるため、1つとして同じものがない一点物の指時計となっている。

【関連記事】:人気ブランドのアイテム続々入荷中!

フランクミュラー×一生もの腕時計3選

優美で色気のあるデザインは、身につけるだけで心躍る

流麗な湾曲を魅力とするフォルム、踊るようなビザン数字……。その魅惑的なデザインで世界のセレブリティたちを虜にした『フランク・ミュラー』。
スイス時計ブランドの中でも希少である、時計を1から全て自社製作するマニュファクチュールとして知られており、歴史の浅い1992年創業ながらも世界の高級時計ブランドに肩を並べました。

トノウ カーベックス

フランク・ミュラーと聞いて思い浮かぶのが、湾曲した「トノウ カーベックス」のケースと、踊るようなビザン数字。穏やかなカーブの文字盤も加わり、同ブランドの個性とされてきたすべてのディティールが一つになることで、時計は実に深みのある表情をたたえています。

ロングアイランド 腕時計

1920年代から1930年代にかけて一世を風靡したノヴェチェントスタイルに、アールデコの解釈を加えて生まれたデザイン。

着用モデルは、ふんわりと女性らしい雰囲気のピンクゴールドケース。繊細な文字盤は上品で清らかな女性像を彷彿させます。ロングアイランドのケースはフィット感も抜群です。

カサブランカ 腕時計

名作映画にちなんで名づけられた「カサブランカ」。時計が流体の一部になるイメージから誕生したフォルム、職人が手で描いたという文字盤のロゴなど、“らしさ”がありつつも手が届きやすいプライスが魅力。文字盤には暗いところでもわかるよう蓄光塗料が施されています。

関連記事:http://sacredflame.coresv.com/temp/diary.cgi

実用性を備えたハイクラスな腕時計

【実用性を備えたハイクラスな腕時計】
「高級腕時計といえばロレックス」というくらい高い知名度とステイタス感を保ち続けるスイスの高級腕時計ブランド。そのブランドバリューはもちろん、視認性の良さや防水性など「実用性の高さ」も人気の理由となっています。
ロレックス スーパーコピー
ロレックス腕時計2

 【1位】デイトジャスト 

お仕事にも便利な「見やすい日付表示」が付いている人気モデル。ステンレスをはじめコンビ・ゴールド・プラチナなど色んな素材があり、ライフスタイルや予算に合わせて選べるバリエーションの多さも魅力です。
 
ロレックス腕時計1

 【2位】オイスター・パーペ チュアル 

「シンプルイズベスト」ロレックス入門にも最適なロングセラーモデル。サイズやカラーが豊富でロレックスの中でも手が届きやすいお値段。高い防水性をもつオイスターケースと高精度な機械式自動巻きムーブメント搭載など機能性も十分あります。
 
ロレックス腕時計3

 【3位】パールマスター

「ロレックス最高峰のジュエリーウォッチ」素材はYG・WG・RGのみで展開しており、ダイヤルにはダイヤやサファイアなど煌びやかなストーンをセッティングした贅沢なモデルです。

関連記事:http://enjeldragon.top/
https://saseadkofr.exblog.jp/

シャネル×一生もの腕時計3選

時代を超えて愛される「一生もの」が多数そろう羨望ブランド

時計というアイテムが、なんだかメンズっぽいような気がして苦手、という人の悩みを払拭してくれるのが『シャネル』。余分も不足もない簡潔さを好んだマドモアゼル・シャネルのスピリットが宿る、洗練された女性のための時計がラインナップされています。

プルミエール 腕時計

シャネルの時計部門が初めて発表した時計として1987年に誕生し、今ではブランドアイコンのひとつにもなっている定番モデル。
やわらかい輝きを放つマザー・オブ・パールのフェイスに、優美な曲線の連なったブレスレット。ただ“時間を見る”だけでなく、ジュエリーのような感覚で身につけられ、女心がくすぐられるデザインとなっています。直線的でありながら、女性らしい印象を与える八角形のケースは、香水「シャネルNo.5」のボトルストッパーから着想を得たもの。

J12 腕時計

スポーティウォッチも『シャネル』の手にかかれば途端にエレガント。「J12」は2000年に誕生し、傷に強いセラミックを使用して高級時計に革新をもたらした名作。写真は数あるモデルの中でも人気の高い、シンプルフェイスのホワイト33mm。

ボーイフレンド 腕時計

不朽の名作「プリミエール」をさらにボーイッシュに進化させた、2015年に登場した新定番「ボーイフレンド」。こちらは、ブランドならではのツイードパターンが生かされたブレスに黒フェイスがとってもハンサムな1本。
モードにもコンサバにもOKな、日常に寄り添う名パートナーになります。

関連記事:http://zerozero.top/

20代女性に人気の腕時計_カルティエスーパーコピー


「女性が憧れる高級腕時計」で絶対的な存在のカルティエ。OLさんに大人気のパシャ、一生物として末永く愛用できるタンクなどレディース腕時計も豊富に揃っています。
カルティエって?
世界を代表するフランスのジュエリー・高級時計ブランドです。人気のアイテムはネックレス・財布・バッグに腕時計まで多彩。大人の女性から支持の高いブランドです。

カルティエミスパシャ

 【1位】ミス パシャ 

OLさん御用達でも有名な「カルティエ中で常に人気が高い」定番腕時計。女性らしい小ぶりなサイズ・シンプルで飽きのこないデザイン・カルティエの中では手が届きやすいお値段と、どれをとっても優秀です。
 
カルティエタンクフランセーズ

 【2位】タンク フランセーズ 

ミスパシャと同じように定番的で、スクエア型のカッチリとした品格あるデザインが魅力。より大人っぽい腕時計を探している20代の方にオススメです。
 
カルティエタンクルイ

 【3位】タンク ルイ 

通勤のスーツスタイルにこなれ感を、ふだんの着こなしをクラスアップしてくれるオンもオフも使える腕時計。雑誌「Oggi」ではカルティエの名品中の名品として紹介。

関連記事:http://imamiya.sakura.ne.jp/count/diary.cgi

ロレックス(ROLEX)

女性向けの高級腕時計が豊富なロレックス。ビジネスライクなシンプル系、宝飾が配されたラグジュアリー系など、使うシーンや好みによって選びやすい点も◎です。
ロレックスって?
「実用性も十分ある高級腕時計」を展開するスイスの高級腕時計ブランド。誰もが知っている知名度の高さも魅力です。
30代に人気の腕時計♪
ロレックスオイスター-パーペチュアル

【オイスター パーペチュアル 31】世界初の防水腕時計として発売されたロレックスの堅牢性を象徴するモデル。水深100mまでの防水性能が保証されているシンプルで実用的な時計。カラーのフェイスなど、女性らしい茶目っ気のあるデザインも展開しています。

ロレックスデイトジャスト

【デイトジャスト】カジュアルな着こなしにも合わせやすい適度にスポーティな定番モデル。日付表示付きでお仕事用にも重宝します。

ロレックスヨットマスター

【ヨットマスター】クルーザーやヨットでリゾートを楽しむセレブに向けて作られたラグジュアリーマリンモデル。高い防水性・耐衝撃性を備えています。

カルティエ×一生もの腕時計2選!


名品時計が豊富な「一生物の宝庫」

世代を超えて憧れの的となっているパリの老舗ジュエラー『カルティエ(1847年創業)』。1917年にスクエア時計「タンク」を発表。
曲線美を求める芸術様式、アルーヌーヴォーが主流だった当時、そのモダンなデザインは時計界に革命を起こしました。現在、「女性の高級腕時計ブランド」としてもトップクラスの人気を誇ります。

カルティエ タンク

1917年に誕生した「タンク」シリーズ。丸型フェイスが主流だった当時、直線が際立つ幾何学的なシルエットはとても革新的で、時計史を動かした名品。現在までさまざまなバリエーションが発表されていますが、この「タンク ルイ カルティエ」は、当時のデザインを最もよく引き継いでいると言われるモデル。

ポリッシュされたゴールドのケースに象徴的なローマ数字の文字盤。気品の漂う伝統的なデザインは普遍性にあふれ、何十年先も廃れない魅力を保証する一本。

ミニ ベニュワール ウォッチ

3代目ルイ・カルティエにより、1912年にデザインされた「ベニュワール」。フランス語でバスタブを意味する名の通り、オーバル形が印象的。
細身ストラップとのバランスもよい完璧なフォルムは、やわらかさと強さを併せ持ち、目にするだけで心地よいほど上品。ローマンインデックスとバトン針のみのシンプルな作りながら、フェミニンウォッチの代表格として存在感を放ちます。

カルティエ「サントス デュモン」

カルティエ(Cartier)のメンズ腕時計「サントス デュモン」から新作が登場。2021年5月より順次発売される予定。

カルティエの伝統的美しさを継ぐ、スクエアフォルムの腕時計「サントス」

「サントス」は、航空界のパイオニアである飛行家、アルベルト・サントス=デュモンの3大理念であるシンプルさ、実用性、革新のもと生まれたモダンなウォッチコレクション。スクエアフォルムの文字盤、あえて見せるビス、人間工学をふまえた快適な装着感のストラップなど、サントス=デュモンのスタイルとカルティエのデザインコードが融合した1本は、誕生以来進化を続けてきた。

2021年新作に「サントス デュモン」の限定モデル

中でもアルベルトと同じ名を持つ「サントス デュモン」は、「サントス」のルーツとなるモデルだ。2021年は、2020年と同じく1904年のオリジナルモデルのエレガンスを忠実に受け継いだ、アリゲーターストラップの限定モデルが登場する。

ひとつはステンレススティールとピンクゴールド、もうひとつはプラチナを採用している。いずれもクラシックなアラビア数字のインデックスで、分針と時針にはブルーを採用。ブルーまたはレッドのパール状の飾り付きリューズがあしらわれており、カルティエのデザインコードを反映している。
なお、プラチナの数量限定モデルには、カフスリンクスとウォッチボックスがセットとなる。

ページ移動